胸の形 悪い!ブサイクおっぱいになる理由

胸の形 悪い!ブサイクおっぱいになる理由

写真集の中のモデルさんや女優さんのおっぱいの素敵なこと!

男性でなくても、女性の私でも憧れます!

 

彼女らのおっぱいって・・・、

ピンと上を向いていて、

ハリがあって、

真ん中に寄っていて、

きれいなお椀型

 

まさに理想のおっぱい像です!

 

それに比べて・・・、

垂れていたり、

離れていたり、

左右の大きさがバラバラだったり。

 

胸の形 悪い。なんだかがっかり!同じ女なのに、この差は何?

 

やっぱ、整形?遺伝?答えはノーです。

 

胸の形 悪いブサイクおっぱいの原因は、「習慣」だったのです!

「習慣?」って思ったあなたのために、ここでは、習慣がいかにおっぱいをブサイクにするかをご説明します。

 

どんな悪い習慣がブサイクおっぱいの原因になるのでしょうか?

3つの悪い習慣が原因です。順番に見ていきましょう。

 

 

① サイズの合っていないブラを付けている!

 

あなたは、ブラを買うときにいつ、採寸しましたか?

ずいぶん前のサイズで買っていませんか?バストは日々変化しています。

 

大きすぎる場合は、カップの中でおっぱいが泳ぎます。

さらには重力に逆らえず、垂れたり、脇や背中に流れてしまいます。

垂れ乳、離れ乳の原因になります。

 

小さすぎて締付けている場合は、血流やリンパの流れが阻害され、

バストだけでなく健康にもよくありません。

 

ブラをお店で買うときは、きちんとプロに採寸してもらうといいでしょう。

ぴったりのサイズのブラなら、苦しいこともありませんし、

バストの形が整えられて、美バストがあなたのものになります。

 

② 長い時間、ノーブラ状態で過ごす!

 

オンタイムの時の、窮屈なパンプスやワイヤー入りのブラジャー、

家にいるオフタイムの時ぐらい開放されたいと思う気持ち、すごくわかります!

 

窮屈なパンプスは、外反母趾の原因ですから、家にいる時ぐらいはリラックスさせてあげましょう。

 

じゃあ、バストも同じじゃないの?と思いましたか?実は、バストの場合は、逆なんです!

 

大きいおっぱいの人は、ブラジャーを付けないままなら、

重力に逆らえず、垂れたり、形が崩れたりする原因になります。

 

おっぱいが小さければ問題ないかといえば、ノーです。おっぱいの脂肪は流れやすくなっています。

巨乳だろうと、貧乳だろうと、ブラでホールドしないと、

好き勝手に垂れたり、離れたりしてしまいますよ!

特に、バストを支えるクーパーじん帯が伸び切ってしまったら、元には戻りません。

 

美バストのひとつ、ピンと上を向いたおっぱいになるためには、

バストをしっかり支えるブラの助けが必要です。

 

締め付けが嫌だからノーブラというのではなく、

体に合ったブラなら、付けることによって心地よく、さらにバストを支え、守ってくれます。

そのうえ、育乳にも効果を発揮します。

 

 

③ 寝ているときに、ブラを付けていない?

 

「家にいるときでさえ、ノーブラだったり、楽なブラ付きキャミだったりで過ごしているのに寝るときにまでブラジャーを付けるなんて、考えられない!」

と思ったあなた!本当にそうでしょうか?

 

寝るときにブラを付けるなんて、窮屈そう、息苦しそう・・・と思ったあなた、時代は進んでいますよ!

 

ナイトブラって聞いたことありますか?つけて寝るだけで、美バストが手に入ると、

今やSNSで話題のアイテムです。

 

先ほど、日中のノーブラの悪影響をご説明しましたが、寝ている場合も同じです。

寝ている間の寝返りで、バストやバストの脂肪は動き回ります。

それによって、クーパーじん帯が伸び切るリスクもあります。

 

現在のナイトブラは、付けること自体が心地よくて、血流やリンパの流れを促進し、

さらには上質の睡眠まで確保できるすぐれものです。

 

ぜひ、最新のナイトブラのテクノロジーを実感してみてください。

ナイトブラで、脱ブサイクおっぱい!美バストゲットを目指しましょう!

 

人気のナイトブラを徹底比較「おすすめランキング」令和最新

 

おすすめの記事